<< バオバブ通信 | main | バオバブ通信 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    バオバブ通信
    0
      JUGEMテーマ:乾燥帯植物

      『バオバブの種』


      バオバブの種は非常に硬い殻で覆われています。
      そして、発芽しにくいと言われていますので、発芽に成功したときの喜びが大きいです。

      本当は、コウモリがバオバブの実を食べて、糞になったものが自然と大地に根を張り育つのですが、
      ここは北陸の富山県。
      地球のルールを破っているかもしれませんが、いろいろな発芽方法があることを知りました。
      私が挑戦したのは、熱湯に入れて柔らかくするという方法でした。
      その後、1日水につけたままの状態でおき、
      次の日に芽の出る部分(バオバブのへそ)をヤスリでこすって硬い殻を削り、
      種の白い部分を見えるようにするというものです。発芽しやすいように手伝うわけですね。
      なんとも、不思議な作業です。
      発芽するかどうかワクワクドキドキ。10個ほどあった種から、3個発芽しました。
      他の子は残念ながら反応がないままダメになってしまいました。

      発芽の過程はこちら↓




      バオバブ芽

      バオバブ芽

      バオバブ芽

      バオバブ



      成功したときはすごく嬉しかったです!
      こんなに育ちにくい植物が生まれてきたんだから、
      大事にしなくちゃいけないという思いが強くなりました。
      そして、園芸をされる方なら誰でも楽しみにしていると思いますが、
      花鉢を探して、イメージと合うものを決めました。
      私が一目ぼれしたのは、この下の写真の花鉢です↓↓↓



      これに決めたのは、
      形がバオバブの種に色も形もそっくりだったからです(笑)
      けれど、うっかりしたことに、
      バオバブは、まだ小さいので、この花鉢に入れることはできませんでした。
      買った後気がつきましたw
      植物は自分の体の大きさに合った花鉢で上手に成長していくものだそうなので。
      とにかく、早くこのお気に入りの鉢に入れてあげられるまで成長して欲しいです。
      夏にものすごいスピードで成長するというバオバブの木。早く夏になってグングン成長してくれないかなぁ。
      今、富山では大雪が降った後ですごく寒いです。我が家のバオバブは冬眠中。
      北陸の寒さにさぞかしびっくりしていることでしょう。

      追伸:今日の朝日新聞に実行委員会の取材記事がのっております。以下をご覧下さい。

      朝日新聞のHPより富山県の記事に記載 >>
      カテゴリ:バオバブ通信 | 19:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 19:40 | - | - | - | - |
        コメント
        発芽結構大変なんですね。わたしも農業やってますので発芽の喜びわかります。さてさてどこまで大きくできるでしょうか。がんばって!
        | naja | 2010/01/17 9:57 AM |
        naja先生へ
        コメントありがとうございます!
        「発芽の喜び」これって大事ですね。
        一日一日見守っているうちに愛着が湧いてきます。
        がんばって大きなバオバブにします!
        | Fatou yo | 2010/01/17 10:21 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://baobab-fatou.jugem.jp/trackback/3
        トラックバック